医者

偶然発見されることも

放射線治療も時に適用出来ます

看護師

髄膜腫は脳の硬膜と呼ばれる部位から発生する腫瘍で、増大して脳を圧迫しない限りは通常は症状が現れることがない病気です。そのためMRIやCTといった検査で偶然発見されることも多く、状態に応じて治療が検討されることになります。髄膜腫は良性であることがほとんどで、腫瘍が小さい場合には放射線治療も有効な選択肢となるのです。 最近では、目的の場所に集中して放射線を照射出来る、様々な定位性放射線治療が可能になりました。髄膜腫が一定の大きさ以下である場合には、このような放射線治療が有効という見方がされています。よりリスクを抑えた髄膜腫の治療を希望する場合には、こういった放射線を用いた治療も考える価値がある訳です。

手術は慎重に決断しましょう

髄膜腫は良性の場合、積極的な治療が必要にならないこともあります。10年以上大きさの変わらない髄膜腫もあり、急いで手術が必要になることはまれなのです。従って、髄膜腫が見つかった場合には慌てずに慎重に治療法を考えていくことが大切になります。脳の手術には一定のリスクが伴うため、メリットとデメリットを良く検討することが必要なのです。 こういった髄膜腫の診断については、医師によって意見が異なることがあります。進められる治療法も違ってくることが多いのです。従って、治療法を決める際にはセカンドオピニオン制度などを積極的に活用して様々な方向から治療法を探っていくことが必要になるのです。髄膜腫の治療に経験のある専門医を探すことも大切となります。

タイプに応じた治療

先生

腹部のヘルニア手術は、現在日帰りでも行うことが可能になりました。ヘルニア手術の名医も数多く登場しており、インターネットなどを通じて全国から探すことが出来ます。ヘルニアは筋肉の衰えなどが背景にある病気なのです。

Read More...